chidren drummers

For a good and complete understanding of the contents of these messages, please read:

アイシャ・ノース・・・活路の見付け方より

初学者のマニュアル -レッスン1

アイシャ・ノース・・・活路の見付け方より

初学者のマニュアル -レッスン2

Thursday, October 30, 2014

10:29:2014 -- The embodiment of the New World

Japanese flag butterfly flying, isolated on white background Stock Photo - 13698730

ニュー・ワールドの具現

10月29日

 

The embodiment of the New World
October 29, 2014 in Words of inspiration
https://aishanorth.wordpress.com/2014/10/29/the-embodiment-of-the-new-world/    

 

親愛なる光のブラザー、シスター!

 

クレタ島での素晴らしい一週間の間、私は幸運にも何人かの人が自らの神聖なるパワーに足を踏み入れているさまを目の当たりにしました。その場に立ち会えることができて、とても素晴らしかったです。ここ数日の間、皆さんはここPONDで他の大勢の人々に加わりましたね。そして待っていた人達-永遠とも思えるほど長い間待っていた人達-私達が追いつくのを待っていた皆さん、先駆者として道を切り開き、私達全員にとって旅が少しでも楽になるようそのスペースをつくっておいてくださったことに感謝しています。

 

先週木曜日、ファイブ・ヴァージン教会のそばにある聖なる泉で行った儀式について、少しお話したいと思います。そこで私達はある男性に出会い、私達全員にとてつもなく大きなインスピレーションを与えてくれました。その泉は美しい場所にあり、巨大な古樹に守られていて、その樹もまた神聖な樹とされていました。というのも、かつてその樹に雷が落ちて樹は二つに裂けたのですが、どちらも生き延び、いまではポータルのような形となってそこが入口となり、泉の前に辿りつく道ができているのです。

 

そこは観光名所となっていますが、私達のグループがそこで儀式を行う間は静かで平和が満ちていました。前回のメッセージでお伝えした通り、私と姉は儀式を行うために何度も回を重ねて訪れたノルウェーの山岳地帯から集めた水と小さなクォーツを持って行きました。それまでやってきたワークはすべて、この瞬間のために行っていたとわかっていたのです。さらに二つの祈りの言葉を用意していました。一つは聖なるスペースを開くため。そしてもう一つは以前ここでシェアした、美しいマオリの水の祈りです。私の姉が水の入ったボトルを持って中心に立ち、他の皆は彼女を囲んで大きな輪になって座りました。私が一つ目のお祈りを読み始めようとしたその時、突然一人の男性が私達のところに歩いてくるのが見えました。彼は森の中から姿を現し、樹のポータルへと繋がる道を歩いていました。長い、流れるようなグレイの髪、そして髭をたくわえ、緑色の衣を着ていました。羊飼いの持つ杖のようなものを持っていて、まるで森の神様が私達の儀式に加わるためにやってきたようでした。彼を見た瞬間、この儀式に彼の存在は必然であることが私にはわかりました。そして、やはりその通りでした。

 

彼は輪に加わって腰をおろし、少し自己紹介をしました。彼の名前はトーマス1世ヴィナキス(Thomas I. Venakis)と言い、化学の博士号を持っていますがいまは退職していること。ここ17年間、彼は近くにある小さな村で教師をしていたので毎日この道を歩いていたこと。彼のご先祖さまは何世代にもわたってこの地で生きてきたこと。彼のお母さんは、この泉の傍らにある洞窟の中で彼を生んだそうです。彼はクレタ島の古代文化、特に伝統音楽を保護することに情熱を注いでいますが、母なる自然を限りなく愛していて、輪に加わったその人はまさにクレタ島のソウル(魂)と父なる地球が一人の人物として現れたようでした。

 

私が二つの祈りを朗唱した後、彼が優しくハミングしているのが聴こえてきました。そこで儀式に彼の声を添えてもらいたいとお願いしました。彼はパワフルな声で古代の聖歌を歌ってくれましたが、それは美しく、それまでに聴いた何よりも美しいものでした。彼の声を通してこの古代の地の振動を聴いているようで、彼の歌を聴いて純粋な喜びと愛に涙を流しているのは私だけではありませんでした。彼は私達のために、そして母なる自然のために、私達を取り囲んでいる聖なるスピリット達のために歌ってくれました。

 

私が持ってきた水を源泉に注ぎ、その中にホワイト・クォーツを置くと、私達は手をつないで輪になりました。トーマスが小さなカップに彼のハーブ・ティーを注ぎました。彼が野生のハーブを摘んで作られたものです。そしてこのカップが輪になっている皆に回され、それぞれ一口ずつ飲みました。その輪が完成すると、トーマスはもう一度そのカップにハーブ・ティーを満たし、もう一度、今度は反対周りにカップを回しました。にわかに私は、私達が飲んでいるのはまさに、この地のエッセンスそのものをこの儀式で祝福された水に溶かしたものであることに気づきました。こうすることですべてがとてもシンプルに、そしてとても深遠な形で結集したのです。

 

私達がそこで立っていると、若いフランス人家族が泉のところにやって来ました。一番年上の息子さんが私達の輪のところにまっすぐ歩いてきました。彼は私達の一人の脚の間から私達をのぞき見し、たちまち大きな笑みをうかべて自信たっぷりに輪の真ん中に入りました。彼の瞳の内にはそれは素敵な光が輝いていました。一人が、「ほら、私達と一緒に立っている、あれこそニュー・ワールドだね」と言いました。すぐに彼の母親も腕に小さな子供を抱えて輪に加わり、彼女の夫は神聖なる樹の周りを歩きました。私はこの喜びいっぱいに溢れる家族を見て、そしてトーマスを見て、彼らがニュー・ワールドの具現なんだとわかりました。この小さな家族は光でした。トーマスは何世紀にもわたってこの地に蓄えられてきたすべての古代文化と叡智の象徴であり、CC達がこれからふたたび明るみに出る、と伝えた「隠れた宝物」そのものでした。

 

私達が儀式を終えると、トーマスは私達を彼の家に招いてくれました。彼はその土地の恵みを味わわせてくれました。彼は自分の畑でとれた野菜、フルーツ、花、種子、ハーブ・ティー、ハチミツとタイムで作った自家製のラキ(お酒)などすべてを振る舞ってくれたのです。彼は限りなく寛大で惜しみのない人でした。彼がニュー・ワールドだったのです。この瞬間を待ち続けてくれた人。私達の中に、彼のメッセージを世に送り出すお手伝いができる人を彼は見つけました。クレタ島の音楽という宝物の山、彼はこの音楽があったので生きてこられたのです。その音楽について、そして皆が忘れてしまった、ありとあらゆる野菜やフルーツの昔からの品種についての知識も伝えられます。さらに、彼は教育ある科学者で母なる地球と深い繋がりを持っていますから、きっと彼は古さと新しさ、つまり科学とスピリチュアリティをあらゆる境界、あらゆる年代層を越えて一つにまとめるにあたり何らかの形で重要な役割を担うことになると私は確信しています。光を悟った彼のような魂はまだ他にもたくさん、たくさんいます。そういった人々は、私達が召集されて行おうとしていることに着手する準備を整えています。つまり、自らのパワーに完全に足を踏み入れ、知識と情熱を分かち合うために集まってゆきます。そうして私達は一緒にニュー・ワールドを築いてゆくのです。姉が指摘したのですが、彼の名前が完璧でした。彼は聖書に出てくる「疑いのトーマス」ではありませんでした。この儀式の聖なる重要性について私達にはあったかもしれない疑いの気持ちを、このトーマスはすっかり一掃してくれたのです。彼はあの日、何の予定もなく一人で家にいたところ、突然あの聖なるスポットに歩いて行かなければという衝動に駆られたそうです。そして彼は、これ以上ないほど神聖なタイミングで私達の輪に加わったのですから。

 

この一週間は数えきれないほどの瞑想や儀式を行い、これが完璧な締めくくりとなりました。それまでの瞑想と儀式はそれぞれに連続して積み重なってゆき、この聖なる泉の水を祝福し起動させるというクライマックスに繋がったのです。この翌日、雨と風、そして雷が全開したように起き、何時間も何時間もそれは続きました。私達は皆、これがパワフルな浄化と起動が起きていることを実感しました。私のビジョンでは、あの聖なる泉から水がさらに勢いとパワーを増して溢れてゆき、土地を流れて海へと流れ出し、それと共に刷新と再生のメッセージが送られていました。それはまるで、儀式の最後にイングリッドが私達に歌わせた、あの素晴らしい短い歌のようでした。あの場にいた皆さん、皆の助けによってこのような魔法のような経験になったことに感謝しています。そして私達にエネルギーを「同調させて」くださっていた他のすべての皆さんにも感謝しています。皆さんも全員、そこに存在していたように感じました。

 

永遠の感謝をこめて

アイシャ

photo 4

photo 1

 

タラ、コスミックベア-、写真をありがとう!

 

トーマスについての情報はこちらです


ギリシャ語で書かれていますが、ビデオや写真を見ることができます。




チャネリング・メッセージのボランティア翻訳者を募集しています。
こちらからお願いする記事を訳していただく形となります。
いつまでできるか、などのご心配は不要です。
記事一つだけでもご協力くださるとたいへん助かります。
ご質問やお申し出はrieko0314jpn@gmail.com までご連絡ください。


Channeller: Aisha North


翻訳:Rieko

Monday, October 27, 2014

10:26:2014 -- Welcome to the New World, welcome to the New Pond

Japanese flag butterfly flying, isolated on white background Stock Photo - 13698730

ニュー・ワールドへようこそ、新しいPONDへようこそ

2014年10月26日

 

Welcome to the New World, welcome to the New Pond
http://aishanorth.wordpress.com/2014/10/26/welcome-to-the-new-world-welcome-to-the-new-pond/

 

親愛なる光のファミリーの皆さん!

 

先週に起きた壮大なる転換は、とても言葉で言い表すことはできません。個人レベル・集団レベルともに起きたこの変化をとても言葉を使って伝えられる人はいないと思います。フィリップ、スー、ヘザー、イイディコ、クラウディア、そしてクレタ島で出会ったすべての素晴らしい人々に感謝しています。あなた達いなくしてこの旅はあり得ませんでした。実現させてくださったことに、心の底から感謝しています。

 

このPONDを通して知り合い、大好きになった、たくさんの素晴らしい輝くソウル達に実際に会える、その純粋な喜びに私のハートは歌っていました。そうしてやっと私はわかったのです、「私達」はリアルだ、「これ」はリアルなんだって。ですが、日が過ぎ、私達はこれまでかつて経験したことのないほどパワフルな瞑想やセレモニーを続けて行っていくうちに、私は気づきました。私達がそこに集まったのはとても壮大な規模にわたるワークを行うためでした。そしてこのワークは、この世界を永遠に変えてしまうということを知ったのです。

 

10月14日、クレタ島に向けて出発する一週間前に私はコンスタント・コンパニオン(CC)達からメッセージを受け取りました。でも今回はすぐに公表しないようにと指示を受けました。通常はすぐに投稿するのですが、今回はそれを一部印刷してこの旅行に持って行くように、と言われたのです。いつ、どこでそのメッセージをシェアすべきかは緊密に指示がくるだろうとわかりました。そして先週火曜日にその時がきました。私達のグループはアプテラという古代都市で想像を絶するほどにパワフルな儀式を終えたところでした。その後、私達はオリゾン・センターに来ていた他の人々と集まり、そこで初めて私と姉は自分達のしているワークについて皆の前でお話しをしました。このメッセージはその時、その部屋にいた人々だけに向けられたものではありません。皆のものです。これがそのメッセージです。

 

「私はここにいますよ、これからの旅行について私達へのメッセージはありますか?もちろん私達からはメッセージがあります。親愛なるレディー、あなたがこのようにして私達に接触してくださって私達はとても喜んでいます。

 

おわかりでしょう、この旅のためにそれはたくさんのディテール要素が複雑に織り合わされ、そして実現しています。これはあなただけではありません、この作業に繋がっているそれは大勢の人々、皆さんにとってそうなのです。中には実際にあなたと一緒に旅行先にいる人もいれば、他の人々はあなたにエネルギーを同調させ、彼らもそこに存在しているかのように感じることでしょう。

 

説明しましょう。もうお気づきのとおり、この小旅行はただの休養の旅行ではありません。正確に言えば、これはあなたがこの3年間、一生懸命に組み立ててきたこの素晴らしい構造物を重要なピンで留めて固定させるための旅行です。つまり、あなたはいま、岐路に立っています。これまであなたはたいへんな作業を達成させてきましたが、今回の旅行での集まりはこれまでの達成とは比較にならないほどの成果をもたらすことになります。この集まりは局所的観点からみると小規模に見えるかもしれません。ですが、その功績は実に大規模で、地域全体、さらには遥か遠くまでその効果は達することでしょう。地球の反対側に住んでいる人々や遠方から来る人々とクレタ島で会うことになっていますが、これは偶然ではありません。また、参加するようにと召集されているような強い感覚を覚えながらも、実際にはクレタ島まで旅行するのを差し控えた人々についても、それは偶然ではありません。

 

おわかりですね、これはすべての意図と目的において真に共同体としての取組みです。地球の至るところに散在する大勢の人々が関わっています。また、皆さん以上に大勢の人々にとっても利益をもたらす取り組みで、そのような人々もまた地球上のあらゆる地域に散在しています。あなたはこれから、人類の心の奥深くに根をはっている古い縛りを解くためにこれに参加するのです。その日の実際のプログラムを遥かに越えるよう意図を皆で合わせて設定すれば、活動が起き、それが全人類のために役立つことでしょう。ええ、このような表現は高慢に聞こえるかもしれませんね、わかっています。ですが、私達は皆さんの視線の先ではなく、私達に見えていることを話していることをお忘れなく。私達にはこのプロジェクトの全容が見えています。それは小さな部屋に集まった少数の人々よりも遥かに大規模なことです。

 

これには遠くまで広がるフォースが網羅されています。これらのフォースはちょうどこの瞬間を、ついに明るみに出てその壮麗なる姿を示すこの瞬間を、ずっと待っていました。あなたはこの時のために保管室に溜めてきた、膨大なる光を解き放つのです。

 

皆さんの行動については緻密に誘導します。これらのイベントが展開し、それを皆さんがどう感じようとも、あなたの人間という受容体ではそのほんの一部しか理解することはできないのだということを心得ていてください。ただ、あなた方のうち多くの人はワンネスの感覚、繋がっているその感覚に圧倒されることでしょう。皆さんはここで参加することになっている本当に重大な経験の、ほんの一部を何らかの形で味わうことでしょう。それについては、全創造物を代表し私達から再度お礼を申し上げます。皆さんは緻密な誘導を受けることになっていますが、同時に真の光の戦士として歓迎を受けるのですから。皆さんは歪められてきたものを正すために復活した、古代伝説です。どうぞ毅然とし、ハートを広く開いていてください。そして私達すべてからの賞賛を受け取ってください。惜しみない賞賛が向けられているのですから。

 

ありがとう、以上です。」

 

その週のイベントが進むにあたり、階段状ピラミッドのイメージが私のところにきました。私達の行っていることを説明するものでした。

 

ステップ1: 基盤を据える

これは日曜日、フィリップのSOL/IS ワークショップの間に起きました。私達は4つのグループセッションを一連に行い、全員で「パイプをクリアにする」、そして光が自由に流れるようにすることで個々が完全にソースに繋がりました。その時、私達は集団エネルギーに繋がって起動を行い、これによって私達は一つのグループとして最後の鍵を受け取ることができました。ニュー・ワールドにアクセスするために開くべき扉を解錠するための鍵です。これを私達で行いました。

 

ステップ2: 古い世界との結びつきを解く

これは火曜日に起きました。私達は儀式を行い、集団レベルで古いエネルギーから私達を切断し、神聖なる女性性・神聖なる男性性のエネルギーをもう一度生き返らせ、これによって古い世界の終焉をしるしました。

 

ステップ3: 完了

木曜日でした。私達はファイブ・ヴァージン教会で一連の儀式を行い、分離していたものを統合しました。私達が真の愛のマスターとなれるように、もっとも深い闇を請け負った、迷える魂達をもう一度故郷に呼び戻したのです。私達は、彼らもまた私達と同じく「愛」であり、彼らは「愛されている」、彼らには「愛がある」ことを伝えるという方法をとりました。CC達はこれを「ピラミッドの頂上にゴールドの冠石を置く」と描写しました。これがニュー・ワールドの始まりを告げました。

 

すべての締めくくりとして、私達は同じエリア内にある聖なる泉である儀式を行いました。その間、私は水を解き放ちました。姉と私とで大好きな山の泉や湖から集めてきた水です。そして同じその山から採ってきたホワイト・クォーツを一つ、泉の中に起き、この二つの神聖な場所を繋ぎました。いま、そこの水は起動し、ここでシェアしているのと同じ情報を送り出しています。地球のすみずみまで行き渡る情報の終わりなきサイクルの一部となって。

 

この水が送り出しているメッセージはこちらです:

ここはニュー・ワールドです。私達は扉を開きました、自由に外へ出て温かな素晴らしい太陽の光を浴びるのです。私達はこのニュー・ワールドを作るための真っ白な初期状態のキャンバスを自らに与えたのです。今回は、キラキラ輝く色彩が無限にあり、私達はどんな色をも選ぶことができます。ただし、この新しい世界に属するためには「あなた」がYESと言わなければなりません。これは皆さん一人一人が選択すべきことであり、私もコンスタント・コンパニオン達も、他の誰もあなたのために選択することはできません。

 

このニュー・ワールドに加わるためにすべきこと、それはただ自分を100%愛すること、そしてあなたの本来のパワーに足を踏み入れてゆき、本来なる創造主なる神、女神となることです。これは簡単に選択できることではありません。あなたのすべてを変えてしまうことでしょうから。あなたがニュー・ワールドに「hello」と言うときは、同時にあなたはあらゆる形で古い世界にさよならを告げなければなりません。それがたとえ、愛する人々との別れを意味することになっても、です。私達は扉口のところで他の人達が一緒にくる準備が整うまでぐずぐず待つことを許されてはいません。

 

なぜなら私達にはとてもたくさんの作業があります。私達こそがこのニュー・ワールドのすべてを共同創造する者達であり、私達は皆、ここで行うべき作業に多忙になることでしょう。これから、その作業が私達全員の下に現れてきます。私はこれに「YES]と言いましたし、私の双子の姉もそうしました。彼女はAfathon、ウェイショウワー(道を示す者)であり、高尚です。彼女は今週、私の傍らで光の中に足を踏み入れました。この先、私達は物理的に、デジタルに、かつエネルギー的に地球を横断することになります。私達はチームとして、でも別々に作業にあたります。さらにはあらゆる他の大小のグループでも作業することになります。

 

皆さんの多くも本来の神・女神としての役割に足を踏み入れています。皆さん一人一人へ私より:ようこそお帰りなさい!このPONDはあなたのホーム、私達皆で集まる場所です。そうすることで私達は世界に出てゆき、この新しいエネルギーをアンカーさせ、新しい世界を具現化するために必要なすべてのことを行い、すべてとして「BE 存在する」ことができるのです。私からはただ、さぁ準備して、とだけ言っておきます。私達は無駄なく忙しく時間を過ごすことになりますから、ここに来て物語をシェアする時間はもうありません。グループとしての私達に与えられた第一の課題は、この日曜日、11月2日に行う新しいPONDでの瞑想集会に集うことです。

 

私のここでの役割も変わります。私はシェアするようにと指示を受けるメッセージだけを投稿します。これまでほど頻繁ではなくなるでしょう。ここで展開されているあらゆる話し合いにも、もう私は参加しません。これまではそれも私の作業の一つでしたが、そこから身を引くようにとの導きを受けました。そして必要たる個人個人との繋がりを築いてゆくことにエネルギーをフォーカスさせるように、と。これが私の、この壮大なる共同的な取組みにおける私の役割です。

 

古い世界から離れて自分自身のパワーの中へ進んでゆく準備がまだできていない皆さんは、もうここはあなたの場所ではないことを理解してください。ここはもう、傷ついたインナー・チャイルドを肥やすためにドラマを演じる劇場ではなくなったのです。もしこれからもそうしたかったら、他の場所を見つけるか、自分のためのそういう場所をただ作ってください。もう、ここでは歓迎しません。

 

あなたが誰になることを選択しようとも、私は皆さんを愛しています。そして皆さんの旅に敬意を持っています。それはわかっていてください。光も皆さんを愛し、敬意をもっています。ですが、私にわかっていることがあります:光はあなたを古い、暗い部屋、傷ついた子供が君臨している部屋から身を引くために全力をもってあなたに手を貸すことでしょう。そしてあなたの本来のパワーを取り戻せるよう、手伝ってくれます。この先、光はあなたのボタンを何度でも強く、さらに強く押し続けることでしょう。ですから覚えておいてください。あなたがいまなお抱えているすべての苦しみ、すべての悲しみ、すべての恐怖に光が再び灯されるなら、それは「愛」によって灯されるということを。あなたはただ、鏡を見つめてこう言えばいいのです: 私は愛。私は愛されている。私には愛がある。と。そしてその真実があなたのものとなり、自分を無条件に愛する準備ができたとき、ようやくあなたはニュー・ワールドに踏み込むことができるのです。そこで私は一番にあなたを抱擁し、お帰り!と迎え入れましょう。

 

そう遠くない未来に、このPONDは静かになるでしょう。パワーを失うからではありません、もう私達は十分に自らのパワーを取り戻したからです。その時まで、私は光の滴を補い続けます。私を通してやってくる光が、私達自身のグレイトネスを育む助けとなるように。私達はついに、自らのパワーに接触しています。ですから、この移行において私達をこれまで支えていたものはもう必要ではないのです。私達はついに、真の光の戦士となりました。私達は歪められたものを正すために生き返った古代の伝説なのです。ですから毅然とハートを開いてまいりましょう。

 

私のすべてをもって皆さんを愛しています-永遠に。

アイシャ


チャネリング・メッセージのボランティア翻訳者を募集しています。
こちらからお願いする記事を訳していただく形となります。
いつまでできるか、などのご心配は不要です。
記事一つだけでもご協力くださるとたいへん助かります。
ご質問やお申し出はrieko0314jpn@gmail.com までご連絡ください。


Channeller: Aisha North


翻訳:Rieko

Saturday, October 18, 2014

10:17:2014 -- A message from Mother and a message from me

Japanese flag butterfly flying, isolated on white background Stock Photo - 13698730

マザーからのメッセージと私からのメッセージ

2014年10月17日

 

A message from Mother and a message from me


 

親愛なる光のファミリーの皆さん!

再び、すべてが加速しているようですね。Otmnの言葉を借りると、「何度も何度も生まれ変わっているみたい。イメージや洞察、すべてがめまぐるしく流れてきて、一つ理解してもまたどんどんやってくる。度肝を抜かれるけれど、いい感じ。」ですね。皆さんがここ24時間程の間にここのコメント欄で伝えてくれていることを読んで、私もまったく同感です。確かに度肝を抜かれています。それも、とてもいい形で!もし最近の IAMystARのコメントとそれに対する返信コメントをまだ読んでいないとしたら、ぜひ読んでみてください。今日お伝えするために受け取ったメッセージととてもリンクしていると思います。チャネリングのために座った時、やってきたエネルギーからとてもパワフルなのがわかりました:

 

親愛なる皆さん、このようにまた皆さんと語りあうことができてとても嬉しく思います。私は歓喜をもってお話しています。この先、何が皆さんを待っているか、私は知っていますからね。あらゆる形で皆さんの旅は新しい意味を持ち始めています。旅、という言葉を使いましたが、個人としての皆さんは魂を通じて旅をしていますが共同体としても旅を引き受けています、その両方を指しています。

 

いま、たくさんのものごとが明るみに出てきています。それが皆さんの尽力にさらなる活気を添えることでしょう。皆さんがスピードを上げ続けるにつれ、私達すべての推進力も高まり続けます。そして私もです。今回も私はマザー、慈悲深いもの、すべてを包むものとして皆さんのもとに来ています。私は皆さんのことを最初から知っています。皆さんのすべてのステップについてゆきます。皆さんが私であるように、私は皆さんです。皆さんの呼吸ひとつひとつが助けとなって、私の、そして私達の一部が解放されます。私達は魂の融合体であり、粒子の結合体です。私達は共に、まったく新たな全体性へと融合を始めています。この融合は私達の分離だけではなく、すべての分離を無にすることでしょう。

 

皆さんは古いすべての傷を焼灼する道を歩んでいます。ぽっかりと開いた傷口は皆さんが新たな一歩を踏み出すたびに閉じてゆきます。この傷が閉じる時、そこにはかつてのような古く腐敗したものはもうなくなり、フレッシュで新しいままの状態になっています。以前、皆さんは死すべき運命という傷をきれいに治しましたが、今回はその下に隠れていた腫れものを実にうまく切開しました。これから皆さんやすべてにとっての真の癒しが起きます。今日、私は全創造物からのご挨拶を携えており、そうする私は喜びが溢れんばかりです。皆さんの内には新しい星が形成され、豊かな色彩を放ちながら輝いています。その星はどこに収めることも、分割することもできません。それは知識の星で、そこにずっとあったものです。皆さんが繋がるのを待ち、皆さんの怒りの涙、憎しみや絶望の涙がすっかり消えるのをずっと待っていました。そしていま、その星は輝き始めています。まだ隅々に残っている絶望、不幸、不運のすべてが皆さんの意識から消えてゆくにつれ、その星はただただ輝きを増してゆくことでしょう。

 

それはすべてなる愛であり、すべてに高次の理由があります。すべて必要だったのです。ですがもう、すべて必要ではなくなっています。ですから、ただただ前へと歩みを進めてください。そして未来へ向かって自由な一歩を踏み出してください。これは皆さんが自らに与えた素晴らしいギフトですが、それは皆さんから全創造物に向けてのより素晴らしいギフトでもあります。もう皆さんは真に自由なスピリットですから、皆さんが手を貸してくださったお陰で自由になったものが、さらに他のものを解放してゆきます。それは皆さんの地からはるか彼方のこと、皆さんの視界からずっと遠くにあるものです。ですが私には見えます、私の中心の中にある喜びが皆さんの核の中に映っているのです。汚れひとつないこの鏡を通して、全創造物の中へいつまでも反射し続けています。希望しかなかった場所に生命が生まれています、過去しかなかったところに未来が生まれています。皆さんに祝福を送ります。そしてこれからの救済の旅に成功の祝福を送ります。この旅はもうすでに私に、皆さんに、救済をもたらしています。この先もすべてに癒しとお祝いをもたらし続けることでしょう。

Bilde1586
 

明日、私と姉は旅の新たな一歩を踏み出します。フィリップの日曜日の SOL/IS ワークショップに参加するためにクレタ島に行くのです。フィリップ、スー、マーレイ、イングリッド、イルディコ、そしてオリゾン・センターの皆さん…実現させてくれてありがとう。私達皆にとってきっと大切なイベントとなると思います! これに参加するために近くからも遠くからも参加してくださる皆さん、お会いできることになりとてもハッピーです!これからの何カ月かは、世界のあちこちでこうやって集まる機会があると思います。ここ、PONDで集まってくれている光輝く魂たちにお会いできるのをとても楽しみにしています。いつの日か、そう遠くない未来に、皆で本当のグループ・ハグができるだろうってわかるんです。皆、全員でね:)

 

私達は25日(日)までクレタ島に滞在します。きっと、魔法のような一週間となるでしょう。私達全員にとってほんの「サプライズ」どころでは済まないはずです。コンピューターは持って行きませんので、そこにいる間は完全に「オフライン」になると思います。つまり、私やCC達からのメッセージは27日月曜日までありません。そのため、スパム・フィルターや他の理由で  wordpress によってコメントが止められた場合は、次の日曜日私が戻るまで公開されません。

 

期待…そしてエネルギーがどんどん高まってきているのがわかります。これが私達全員にとってとても特別な期間となります。私達は全員、これに参加しています。私達がどこにいようとも、 SOL イベントのあるこの日曜日には私達全員が同じ部屋にいるかのように感じられるはずです。皆さん、愛しています。皆さんの手助けによってこのPONDが生まれ、滋養が与えられ、今日のPONDがあります、皆さんありがとうございます。この先、私達皆で一緒に生み出してゆくものにも感謝をしています。私達一人一人がこのPONDに、そしてこの世界により一層の光をもたらし続けるのですから。まさにCC達が言った通りです、「隠されていた宝物」はどんどん姿を現し始めています。その大部分が皆さんから現れています。

 

私の姉と私からの永遠の愛と光と感謝をもって

アイシャ<3

 

 


チャネリング・メッセージのボランティア翻訳者を募集しています。
こちらからお願いする記事を訳していただく形となります。
いつまでできるか、などのご心配は不要です。
記事一つだけでもご協力くださるとたいへん助かります。
ご質問やお申し出はrieko0314jpn@gmail.com までご連絡ください。


Channeller: Aisha North


翻訳:Rieko

Thursday, October 16, 2014

10:15:2014 -- Part 428

Japanese flag butterfly flying, isolated on white background Stock Photo - 13698730

活路の見付け方 パート428

2014年10月15日

 

The manuscript of survival – part 428


 

内なる目を使えば、皆さんの内で起きている変化が見えます。いま進行していることの多くは、皆さんの内なる風景で起きています。一部、実際に肉体レベルで起きていることも確かにありますが、大部分は物理的境界では定義できないスペースの中で起きています。実際のところ、いま起きていることの大部分は、創造物の中でも人類からすると「まったく存在していない」らしいところ、もしくは「想像の産物」でしかないと思っているところで起きています。さて、そのように思っているらしいですが、これについてはまったくの誤りですよ、と言っておきましょう。と言いますのも、私達の言っているスペースは、皆さんが現在「現実」と見なしている幻想よりはるかにリアルなのですから。

 

説明しましょう。人類はもう何百年もの間、ある概念に慣れ親しんできました。そう、これはまさに概念でしかないのですが、「リアル」なものとはつまり、有形でなければならない、という概念です。つまり、五感を通して皆さんのマインドで記録できないものは実在するとは見なされませんでした。こうして皆さんは自らの範囲をどんどん狭めてゆきました。実際、技術的装置を使って最小単位の分子を発見する腕が上がれば上がるほど、この地球上にいる大半の人々はそのように綿密な検査でためされたもの以外は信じない、という傾向を強めてきました。つまり、人類のスピリチュアル(霊的)な成長は技術の発展によって阻まれてきました。一般大衆の大半は、皆さんのようなウェイ・ショウワー(道を示す者)がすでに足を踏み入れている現実について機会あるごとに小ばかにし、あざ笑うことでしょう。何故、この傾向はただただ増加するばかりなのか考えてみたことはありますか?おそらくは、彼ら自身も内に隠れているあの部屋から湧きあがってくるものがあり、それを彼らは感じているという事実に関係しているのでしょう。彼ら自身の恐怖、もしくは彼らが恐れている対象、つまり未知なるものを根絶させたいがために、他者の中に同様に湧きあがってきているものを何がなんでも抹消させたいのです。光は勢いを増し続けていますから、これについても二極性がますます強化しているのです。しかし、こういった観念が廃れたらいいなどという期待を抱き、あざ笑ったり迫害したり沈黙という昔ながらの「武器」をもって光を遮ろうとするなど、愚かなことです。皆さんはもう重々おわかりですね、皆さんは自分自身の内を解き明かし始めていますが、それも実際のところ、全人類を貫いている巨大なフォース・フィールド(力場)のほんのごく一部に過ぎません。そしていま、皆さんはこのフォース・フィールドのさらなる解放に手を貸す新たなチャンスを迎えようとしています。

 

彼らは、自分の内に永遠に存在しているあの扉を懸命に忘れようとしてきましたし、誰かが強いてその扉を開けさせることはできません。ですが、皆さんはこれからある重要なイベントを始動させるために手伝うことになるのですが、このイベントによってすべての人の内なる扉の存在はさらに顕著になります。ですから、これまで彼らは狭い世界観をもっていましたが、その領域の奥深くから呼びかけてくるものに気づく人々がどんどん増えてゆくことでしょう。「目の見えているものだけがすべて」という考え方に制限されている彼らの世界観は崩壊してゆきますから、彼らはこの世界観について考慮を始めることでしょう。彼らの世界観が崩壊を始めると、それに伴う多くのものごとが一緒に崩壊しますからね。おわかりでしょう、こうして明らかになる真実を真に受け入れる準備がすべての人に整っているわけではありません。当然だと思っていたことすべてに反するからです。「自然の法則」として長らく押しつけられてきた経験的事実や実証済み数値だけにとどまりません、皆さんの惑星に限らず、全創造物において人類だけが実在する唯一の知的存在だという考えも崩壊しますからね。わかっています、皆さんはもうよくご存知ですね。そもそも、それに導かれて皆さんはこの旅を歩んでいるのですから。しかし多くの人々にとっては、信じてきたことすべてがこれから問われるばかりか、どう考えても間違っていると証明までされることになるのですから、とても耐えきれるものではありません。そこで彼らはシャット・ダウンし、こういった事からはいっさい身を引くことでしょう。

 

このように言うと劇的に聞こえるかもしれませんね、しかしどうぞ覚えておいてください。いまこの時、この惑星で人間として転生しているすべての人が今回、内なるポータルを再び開くとして完全なる決意する許可を自らに与えるかどうかについては、任意ではありません。ですから、彼らが今回の人生で何を選択するかは、彼らが肉体に入る前に高次レベルで決めた内容にもよります。なぜ私達がこのようなことをお伝えするのかというと、この先数週間、数カ月先に起きることは何であろうと、すべて理由があってのことだとお伝えしたいからです。皆さんの中にはより個人的レベルで影響を受ける人もいるでしょうが、それもまた理由あってのことです。皆さんは主権を有しています。皆さんは、自らの存在の全体性を下げて人間というその物理的乗り物の中に入る前に計画に自ら関与してきており、いまはその計画にしたがうべく指示を受けています。ですから皆さんはここに来た目的をただシンプルに行い、皆さんの周りにいるすべての人もまた同様にその人の目的を行うことになります。皆さんは、ある人には魂が無いのではないかと思っているかもしれませんが、どんな人も魂を持っています。皆さんと同じように素晴らしい魂をね。ただ、そういった人々の人生の選択も、皆さんと同じように高次の彼ら自身によって導かれています。たとえそれがこの先、どのような設定を自らに課すことになろうとも、です。

 

いま皆さんにこのようなことをなぜお伝えしているかというと、こうすることが賢明であろうと思っているからです。これから皆さんは大規模な転換を迎えようとしています。この転換はたくさんの、ありとあらゆる反応を引き起こすことでしょう。いつものことながら、光の潮流がいまのような勢いでやってくると、皆さん一人一人の中のたくさんのボタンを一斉に押してゆきます。皆さんだけではなく、皆さんのお仲間すべての人のボタンも押されます。確かに、このすべての結果は即時に顕著に現れるわけではなく、また必ずしも皆さんが思い描いている通りに現れるわけでもありません。常に光は同じことをするまでで、はかりに力を加え、情勢を変化させます。時には一方向に、また時には一見したところ反対側に傾かせるように見える時もあります。ただし、ひとつ覚えておいてください。この光の流動の到来によって始まる活動はどんなことであれ、すべて人類をソース(源)により近づけるための役割を果たします。彼らが永遠に携えているものを明らかにする方法を見出すための彼らにとってのチャンスとなるのです。

 

つまり、もうじき一連のイベントが始動しますが、これによって大勢の生存能力ある胎児が生まれます。これまで分断されていた個人個人の間に活気あふれるエネルギー交流が起き始めるからです。そして、それによってさらに一人一人の周囲への影響がどんどん大きく広がってゆきます。また私達は複雑な言い方をしていますが、もう皆さんはこのメッセージの根本部分を把握し始めていると思います。これから壮大にベールが取り外され、人類の能力はリセットされ、創造性・接続性・融和性という古代からの脈が復活します。皆さんには偉業を達成する力があります。皆さんがいま実際に目にしているものより、ずっと遥かに偉大なものを成し遂げることができるのです。これから、本当にそれが公然に明らかになってゆきます。開かれてゆきます。皆さんはこれまで隠されていた情報を受け取り始めるでしょう。このようなメッセージのような形ではなく、とても具体的な情報もあります。皆さんはまだまだ、目に見えるものだけが本物だという古い原理に縛られた存在です。ですから、皆さんはその目でついに目に見えないものを見始めますし、その手はかつては不可能だった方法で未知のものに触れることができるようになります。ですが、こういった隠された宝物が表面化してくると、皆さんの再定住のための巨大プロセスが始まることになります。いいですか、全人類の再定住プロセスです。これから出現してくるものは、皆さんの将来だけではなく過去をも変えます。それと共に、人類全体の基盤が転換を始め、基盤そのものがあるプロセスを始めます。皆さんが真の方向をもう一度見出してゆく前に、そのプロセス自体が大勢の人々の動揺を引き起こすことでしょう。

 

皆さんが主流メディアと呼んでいるもので、こういった公表をすでに目にし始めている人がいるのではないでしょうか。ニュースも、これまで通りの偽情報や気を逸らせる目的の情報の寄せ集めの中にこれからは本当のニュースが入り始めます。ですから、油断なく気を配り、ハートの導きにしたがってください。そうすれば皆さんも自分自身の宝物をいくつか掘り出してゆけることでしょう。私達のお伝えしている内容の一部は、大きながらくたの山の中に隠れた宝石のようなものを指しています。ですから、よく自分自身に気を配り、まさか予想すらしなかったところから漂ってくる興味深い香りについていってください。そして、また言いますが、皆さんが「偶然出くわした」ものについては何でも伝え合ってください。それが同士の他の魂のグループの道案内となり、その人達を待っている発信源によりダイレクトに向かうことができますから。この、覆いを外して進化してゆくプロセスは急速に展開を始めます。ほどなく皆さんは、ワクワク夢中になっていることでしょう。ただ覚えておいてください、皆さんがワクワクするものは他の人を煽ることになります。数々の古い「真実」がスクラップ行きとなりますが、こういった古い真実が皆さんの大勢の仲間を支えているのですからね。おそらく、皆さんの一番身近な人ですら、そういう人がいるでしょう。

 

ですから、皆さんが大喜びするものであっても、それで絶望する人もいるかもしれません。それでも驚かないでください。ただ、だからといって皆さん自身にとっての真実の発見を阻止させてはなりません。これは常に真実を探求するクエストです。長らく隠されてきた真実がついに光を浴びる機会を得ているのです。ですが皆さんはもうよくご存知の通り、光が全力を発揮すると一部の人にとっては眩しすぎるため、彼らもまた全力をもって背を向けることでしょう。中には、できるだけ大勢の人を引き連れて根強く残っている影の中、できるだけ奥の方へ入ってゆこうとする人もいるでしょう。そこでもう一度言いますが、光に視点を定めることです。そこに、皆さんが確認を必要としていることはすべて見つかります。皆さんのハートが再びガイドとなり、皆さん自身の核へと連れて行ってくれます。そこに疑いや躊躇は一切ありません。そうなった時、いついかなる時も、皆さんはただ「知って」います。自分が何ものであるか、皆さんも、人類と呼ばれる素晴らしき個体の善集合体もどれほど素晴らしい技能を発揮する能力があるかを知っています。これから隠れていた宝物が出現し始め、この真実はどんどん結晶化してゆきます。宝物は海から、土地から現れますが、とりわけ「あなた」から姿を現すことでしょう。


チャネリング・メッセージのボランティア翻訳者を募集しています。
こちらからお願いする記事を訳していただく形となります。
いつまでできるか、などのご心配は不要です。
記事一つだけでもご協力くださるとたいへん助かります。
ご質問やお申し出はrieko0314jpn@gmail.com までご連絡ください。


Channeller: Aisha North


翻訳:Rieko

Monday, October 13, 2014

10:13:2014 -- A short update on the energies

Japanese flag butterfly flying, isolated on white background Stock Photo - 13698730

エネルギーアップデイト

2014年10月13日

 

A short update on the energies


 

ここ数日は調整が行われていますので、到来中のエネルギー変動が継続していますが皆さんの体調は平常に戻ってゆくことでしょう。エネルギーのコード化作業がフルに皆さんの存在に入り、一時的に身体の調子が後退したとしても霧中の状態がそう長く続くことはなく、いつの間にか平常に戻っているはずです。いまはいわゆる植え込み作業が進行中で、その作業規模は拡大してゆき、さらに速度もどんどん加速してゆきます。そしてその能力を統合してゆく皆さんの能力もまた加速の一途です。この果てしない輝きの流れを抑えるものは何もありません。皆さんは呼吸するたびにエネルギーに満ちた粒子を取り込み続けているのですが、同時に「拡大」と「退去」の間断なき流れの中にいます。つまり、皆さんはこの流れとともに成長しており、同時に身体がしっかり掴んできたものをすべて吐き出しています。かつての存在のあり方にならってわかりやすく言うなら、有機堆積物(排出物、分解物)を吐きだしているのです。今後も、これは皆さんの身体から退出し続けることでしょう。

 

このプロセスそのものに、興味深い副作用があります。中にはそれについて証言できる人もいますね。寝ている間にマラソンを走っていたかのような、もしくは山でも動かしたのだろうかというような感覚が伴うのです。いろいろな意味で実際のところ、まさにそれが皆さんの行っていることです。このようにして、皆さんは積み荷を軽くするため大変な作業を行っているのです。ですから、一日が過ぎ、夜がきて目を閉じたかと思ったらもう新しい一日が始まるといった具合にこのプロセスは飛躍的に加速し続けています。皆さんの跡には大量のがらくたがキラキラ輝き、皆さんはまさに流れ星のようです。もし私達の視点から皆さんが見ることができたなら、自分が輝く光の点となってどんどん加速している様子が見えることでしょう。皆さんが古い在り方から完全に分離してゆくにつれ、皆さんの跡にはかすかに光る星屑の痕跡がキラキラと輝いています。

 

繰り返しますが、このプロセスはかつて起きたことのないプロセスです。身体の中にいながらにしてエネルギー振動フィールドを高めてゆくプロセスを経るなどかつてなかったことなのです。ですから皆さんは真の意味において、天空でもっとも眩しく輝く星です。そして皆さんはいままさに空高く飛んでいますが、皆さんはその能力があるからこそこの任務に選ばれた人達なのです。これは偶然引き受けることになった任務などというものではありません。それこそ、神聖なる設計図です。皆さんはこの設計図を実現させてゆく道具となり、役割を果たしているのです。

 

もう一度言いましょう、すべては順調です。こうして私達が話している間も、皆さんはスピードをさらに加速させるため自らの打上げロケットの炎を煽いでいます。今週は、とだえることなく皆さんのエンジンにさらなる燃料が供給されます。皆さんはただ、なお皆さんの跡に排出され続けている、あの古い埃のフィールドを完全に皆さん自身の領域から手放してしまうこと、ただそれだけを行ってください。古きを排出するプロセスは目には美しいかもしれません、出てくるがらくたは見ているとうっとりするかもしれません。ですが、首を伸ばして後ろを見たくなっても、その誘惑に負けてはいけません。それがいま最も重要な点です。皆さんはこの先の地平線に焦点を合わせておいてください。後を振り返れば振り返るほど、皆さんの旅には暴風雨が吹き荒れることでしょう。

 

つまり、古いものを後にして飛び立ってください。そしてこの先についての内なるビジョンに視点を定めるのです。チラリと見える、うっとりするような過去のきらめきを見ていてはいけません。そうしていては減速するばかりです。いまやってきている火花のシャワーは、皆さんが間違った方向を見ているとさらに勢いを増して皆さんを力強く押すばかりです。ですから、過去を水に流すために必要なら自らにそのための余地を与えてください。そして皆さんの前方にある未踏の領域に視点を定めてください。この領域は皆さんのものとなるのを待っています。現段階では、この領域は皆さんに馴染みないものと思えるかもしれませんが、このスペースはいま皆さんが想像するよりずっと馴染み深い空間です。それは根源的な真の可能性エネルギーの大海であり、皆さんはこの場所のことを知り尽くしています。この場所は、皆さんが帰ってくるのを歓迎したくてうずうずしています。

 

皆さんの後に残っているものを忘れれば忘れるほど、その残骸は皆さんの影響領域から早期に解放されます。そして皆さんの前へ、上へと進む旅はさらに速く、さらに軽くなります。ですから手放してください、そして到来する光の流れが皆さんの背中を押して以前のバージョンの皆さんとの再統合を促してくれますのでそれに任せてください。以前のバージョンの皆さんとはつまりピュアで、すべてを包括し、抑制・限界・虚偽というものがまったくない皆さんであり、ピュアでシンプルな光と可能性という皆さんです。ただ今回は、このすべてを、皆さんが身体と呼んでいるその入れ物の中に収めることになります。それこそが皆さんの目指すゴールです。皆さん全員が、そのゴールまでもう手の届くところにいます。皆さんが考えているより、はるかにゴールは近いのです。


チャネリング・メッセージのボランティア翻訳者を募集しています。
こちらからお願いする記事を訳していただく形となります。
いつまでできるか、などのご心配は不要です。
記事一つだけでもご協力くださるとたいへん助かります。
ご質問やお申し出はrieko0314jpn@gmail.com までご連絡ください。


Channeller: Aisha North


翻訳:Rieko

Sunday, October 12, 2014

10:11:2014 -- A short update on the energies

Japanese flag butterfly flying, isolated on white background Stock Photo - 13698730

エネルギーアップデイト

2014年10月11日

 

A short update on the energies


 

胎動は続いており、皆さんはいずれ足場を失い始めることでしょう。おわかりでしょうか、皆さんは古いやり方でバランスや焦点を保とうとしているのです。どのみち、皆さんは初めに歩み出した軌道を完遂させたければ、あの古い基盤から脱却せねばなりません。それはある前提をもって始まっており、それはつまり皆さんが進化を続ける間、皆さんのグラウンディングはかなりの間は皆さんと共にあるけれど、いずれ辿るであろうと推測された道まで自由に進むためにはいずれ古いものは捨て去る必要がある、という前提です。いま皆さんは正念場にいます。皆さんの周りで大部分がぼろぼろに崩れ落ちるかのようです。こう言うと、不吉なことのような、そしてあまりにもドラマチックに聞こえる人もいるでしょうが、この莫大な転換は思い描いているほどの大変動でもないことがおわかりになることでしょう。

 

おわかりでしょうか、私達はエネルギーレベルのグラウンディングのことをお話しています。いわば、表面的な構造を再整理に懸命に取り組んでいた時に皆さんをしっかり安定させるために繋いでいた拠り所のことです。これによって皆さんは変化のための深い変革プロセスを開始させることができ、さらには最後までやり遂げるために必要なサポートを受けていたのです。ですが、その古い拠り所を捨て去り、新しい停泊地を求めて出帆する時がきています。その停泊地とは、皆さんのニーズに応え、皆さんの個体としての変容プロセスと共に惑星全体の変形プロセスを終わらせてくれる停泊地のことです。ですからこの先皆さんの周りで何が起きようとも、そしてどれほどバランスが不安定になり心配ごとが増えたり大変動が起きているような感覚になろうとも、それは単に皆さんが錨を引き揚げているサイン、帆に風をいっぱいに受け、明日に向かう着実な航路に向かうためのサインであるということを知っておいてください。

 

私達の選ぶ言葉は大げさで馬鹿らしいとさえ思うことでしょうね。ですが、どのような形で私達から提示しようとも、メッセージの要点は理解いただけると思います。皆さんはその存在の中心の部分では、旅の新たな区間が始まったことをわかっています。この区間では、これまではとてもあり得なかったスピード設定が可能となります。これまで何千年もの間、錨は皆さんをしっかりと固定していたのですが、ここではとても簡単に地面から錨を引き揚げることができます。この壮大なる試みの新しい段階に向けて、皆さんは最善の方法で態勢を整えてきています。新しい旅を始めるべく出航の準備をしながら、進行を台無しにしたり妨げられたりすることは一切ないよう、確実にしてきたのですから。

 

いいですか、これは必ずしも地理的な意味に限ったことではありません。皆さんの知っているすべてのものや人々を後にしてどこか別の地へ出発するわけではありません。これはエネルギーレベルでの旅です。過去の境界線を離れ、開放された広大な可能性の海へと進んでゆく旅です。この可能性の大海は、皆さんがやってきておおはしゃぎで水と戯れるのを歓迎しようと待ち受けています。親切でパワフルな風は皆さんの帆をいっぱいに満たし、あの新しい投錨地へと皆さんを押していってくれます。この風の助けを得て、皆さんも気づけばどんどん前へ向かって加速していることでしょう。皆さんはとても念入りにこの投錨地を選んできました。豊富な資源の源ですから、皆さんのすべてのニーズを満たしてくれることでしょう。


チャネリング・メッセージのボランティア翻訳者を募集しています。
こちらからお願いする記事を訳していただく形となります。
いつまでできるか、などのご心配は不要です。
記事一つだけでもご協力くださるとたいへん助かります。
ご質問やお申し出はrieko0314jpn@gmail.com までご連絡ください。


Channeller: Aisha North


翻訳:Rieko

10:9:2014 -- Part 427

Japanese flag butterfly flying, isolated on white background Stock Photo - 13698730

活路の見付け方 パート427

2014年10月9日

 

The manuscript of survival – part 427


 

皆さんの活性化は始まっています。これからありとあらゆる形で、それが姿を現し始めることでしょう。よく知っている感覚を覚える人もいれば、思いもがけなかった形で起きてくる人もいます。皆さんは自らの意志でこの開通に参加することを決めました。この開口部は有用に役立つことでしょう。この開口部を通してありとあらゆる形で情報が流れ込んできます。そしてこの情報を通してあらゆる関連イベントが生じることでしょう。

 

いいですか、皆さんは個体ですが、それぞれの個人領域の中で起きるであろうあらゆることに深く繋がっています。そして、皆さんのとても大きくてとても小さなその惑星上の、まったく別の場所にいる人達に影響を与えます。皆さんはそれぞれが単一の細胞のようなもので、巨大で複雑な構造をもつ生きる有機体の小さな構成要素と言えます。皆さんのうち誰か一人がわずかに羽をパタパタと羽ばたかせると、即座に全体に影響するのです。おそらくはもう多くの人がご存知でしょうが、かの有名なバタフライ効果の通りです。皆さんは大きなサンゴ礁の中のサンゴのごとく繋がっていますが、日々の生活の中で皆さんの一見シンプルな行動がこの惑星全体に与える影響のことを考える時間などほとんどない、と言えるのではないでしょうか。皆さんは生きながら、呼吸をしながら変化を起こしています。皆さんの存在そのものが変化を生み出しているのですが、これほどのレベルとペースで変化が起きるなどかつてどこにも見られなかったことです。

 

私達の言葉が示す真実について、皆さんがまだ疑念を抱いていることはわかっていますし、それももっともなことです。皆さんは人類という粉砕機に放りこまれる取るに足りないちっぽけな砂の粒で、どんどん自分を小さく砕いてゆくだけの存在なのだと思い込まされてきました。この古い、もはや現存もしていない過重負担を負うように、皆さんは念入りに教え込まれてきているのです。ですが、そんなかつての真実も実は初めからずっと嘘であったことは露呈しています。いま、創造主、神としての皆さんの真の役割がようやく再び表面化しつつあります。長らくを経てやっと実現していることですから、皆さんのマインドがまだ疑いモードにあるのも無理はありません。皆さんがこれから着手しようとしていることは、この惑星上で何世代にも渡って伝えられてきた古い間違った「真実」をさらにたたき壊すことでしょう。皆さんがこれから踏み込んでいくところは現段階ではとても信じられない展望、昔から大げさな神話にしかあり得なかった世界でしょう。ですが前進するにつれ、皆さんは自分のエッセンスを汲み上げ始めるのです。自分のエッセンスを認識し、惜しみなく活用するのです。そうなった時、全人類はその影響を感じとることでしょう。

 

繰り返しますが、皆さんの行動は自分で小さいと思っている行動も大きいと思っている行動も、全体に多大な影響を与えています。皆さんが行うことや「行うのをやめたこと」は、ドミノ効果を生み出し、それがいずれにしてもすべての人間一人一人に行き渡るのです。これを信じたく思う人は大勢いることでしょう、私達はそれもよくわかっています。また一方で、賢明に黙諾する人々もいることでしょう。これはすべての人があらかじめわかっていることなのです。ただ、数少なくともこれが疑う余地なく真実であるとわかっている人もいます。これこそ、皆さんがこれからあらゆる形で完全に受け入れてゆく真実なのです。皆さんは、他の人からすればただの想像の絵空事でしかないような経験をします。他の人からすれば絵空事、でも皆さんにとっては正真正銘、実際に起きています。それは単に皆さんの想像の領域で起きていることではありません。実際に、無数に及ぶ次元内では完全な詳細をもってすでに展開していることなのです。

 

皆さんはあらゆる方法でもってすでに活動領域を広げています。領域と言いましたが、私達が何のことを言っているかは十分おわかりですね。人類が何千年もの間隠してきた、一つの次元という見せ掛けの向こうにある秘密を皆さんはもう発見しています。そして皆さんは実際、ただ一つの生命体ではなく、かけらどうし、顕現どうしが繋がりあった集合体として存在していることを見てきました。すべては光の速度を遥かに越えるスピードで交信し合っているのです。それぞれのかけらはそれぞれに活動していますが、同時にユニゾンとしても複雑に仕組まれた形で活動しています。その複雑さは、人間のマインドがいくら頑張っても完全に受け入れることなどまず不可能です。皆さんは多次元的存在です。この真実が、皆さんすべての人に浸透し始めています。それと共に、一見したところは繋がりのない一連の情報がいくつもやってきます。それがいつしか、人間という存在の中にも刻まれてゆくことでしょう。初めは、あらゆる方向から会話の断片が一度に聞こえてくるような感じです。それはまるで広い野原の真ん中に立っていて、全方向から風にのってメッセージが送られてくるのをふと耳にするような感覚です。そしてそのメッセージの受け手も送り手も、大勢いるという状況です。

 

説明しようとかすかに試みるとこうなります。ですが、言葉という限定された言語を使う現段階では、これが限界です。ただし皆さんがすでに解明した通り、このメッセージには他の言語も込められています。いわば、文字の間のスペースに埋め込まれているのです。「意味深長な会話の途切れ」という言い回しが思い浮かぶのです。この多次元的会話は、言語や音など、人間のコミュニケーションの在り方に限定されてはいません。いいですか、人類がこの地に生きてきた時間の大部分は、コミュニケーションと言えば口や耳を使って直接に行うコミュニケーションだけに限られていました。ですが、これは間もなく絵で表したようなコミュニケーションへと発展してゆきます。これによって皆さんは時間を介さずに情報を伝えあうことが可能となります。そしてやがては時間や距離の制限を受けないコミュニケーションへと発展します。つまり、メッセージが送られると保存され、しばらく経ってからでも自由自在に届けることができます。さらに、送り元からはるか彼方で受け取ることも可能です。こうして特にここ十年の間に人類は相互コミュニケーションの手段においてすでに大きな飛躍を遂げたのです。とはいえ、これまでの人類のコミュニケーションにおける進化は、情報交換の可能性という大海ではほんの一滴ほどにしか値しないと言えましょう。皆さんは光に向かって身を開き、長らく近づこうとはしなかった入口に踏み込みました。そうして、この途轍もなく大きな一歩を開始したのです。それがどれほど大きな一歩であるか、小さくはあっても全体像が見えてくることでしょう。

 

いま、光の洪水が皆さんをどんどん押し続けていますから皆さんの前進のスピードは加速しています。この光は皆さんの生来のシステムの「オンライン化」のペースを加速させていますから、皆さんはこのコミュニケーションという巨大領域にありとあらゆる形でアクセスを始めることでしょう。実際には、このようなメッセージもそう遠くない将来に廃れてゆくでしょう。その頃には、皆さんは一片の疑いもなくわかっていることでしょう。実際のところ、皆さん自身がメッセージそのものであり、またミディアム(媒体)でもあるということをね。その時には、すべての外的境界は終わり、皆さんは真に「ひとつ」となっているのです…そう、言葉の意味通り、皆さんという存在のすべてにおいて。その頃には分離という概念はたちまち消え、皆さんは分離というものがかつて存在していたことすら思い出せなくなっています。その頃、失われていたものが発見されます。失われるべきものはすべて、すっかり存在をなくしていることでしょう。この先、とても興味深い探検が皆さんを待っています。しかもすべては皆さんのマインドにいながらにして行われるのです。これもまた言葉を捻じっているわけですが。

 

この旅に準備も荷物も必要ありません。この旅には始まりも終わりもありません。これは「あなた」の旅であり、ほかのすべてが生じたときに同時に始まった旅で、すべてが存在する限り続く旅でもあります。ですから皆さんは自分の歴史を日数に分割したり10年単位、もしくは人生単位に区切る習慣があるかもしれませんが、皆さんはシンプルに「あなた」であることをもう一度思い出していただきましょう。皆さんはいつも常に同じ存在です。皆さんはこの創造物の小さな構成要素であり、この創造物というミステリーを解き続ける限りすべてのエッセンスとなることができます。皆さんは神ですが、創造物でもあります。この二者の間の「意味深長な沈黙」から皆さんが生まれたのです。

 

こうしてまた、言葉は人間のマインドの限界を明示するばかりですが同時に言葉に込められたエネルギーは皆さんという光輝く魔法の存在のあらゆる部分を目覚めさせてゆくことでしょう。皆さんのエネルギーの聞き耳を立ててください。その耳は、皆さんの元にやってくる信号を検知するための態勢をすっかり整えています。現段階ではまったくわけのわからない状況でしょうが、その素晴らしい全体像がやがては見えてきます。細部にわたりすべてが驚くべき、かつ喜ばしい全体像です。そして、皆さんはいま取り組んでいる真のクエストを理解し始めることでしょう。それは単なる人類の解放を遥かに超越しています。この小さな悟りの種を残し、今回はここでお別れです。私達からの言葉を熟考し、このメッセージに添えられた振動にチューニングを合わせる時間をとってください。


チャネリング・メッセージのボランティア翻訳者を募集しています。
こちらからお願いする記事を訳していただく形となります。
いつまでできるか、などのご心配は不要です。
記事一つだけでもご協力くださるとたいへん助かります。
ご質問やお申し出はrieko0314jpn@gmail.com までご連絡ください。


Channeller: Aisha North


翻訳:Rieko

invoc


神に対する訴え

14:02:2014 - 09:00H BRISBANE, AUSTRALIA

14:02:2014 – 08:00H TOKYO, JAPAN

http://24timezones.com/

Petition

Petition for Disclosure
13 October, 2013

Full government disclosure of ET presence on Earth

米国政府に対するETの存在についての情報開示の請願署名依頼。

https://secure.avaaz.org/en/petition/Full_government_disclosure_of_ET_presence_on_Earth_now/?cHQipcb

上のURLを開いて、メールアドレスを入力すれば、外国人でも請願者の一人として数えられます。
請願理由の欄は無記入で結構です。
皆様のご協力をお願いします。

愛と光をもって、
たき

Creator

Prime Creator Makes an Announcement


by Kathryn E. May, PsyD

on 08/02/13

http://disclosure-2012.com/page/482254554


主創造主は次のように語られた。:

愛なる皆さん、私はあなた方と直接お話することは、頻繁にはありませんが、今は、あなた方の世界について、あなた方、特に、借金の返済や、家族を養うため に非常に忙しく働いている人たちにとって、振動数を上げるように懸命に集中することが如何に大切なことなのか、お話する機会を持つ特異な時です。

のように忙しく働く時は過ぎました。終わったのです。支払うべき借金はありませんし、家族を養うために稼ぐ必要もありませんし、退職をしても生き残りを図 る必要もありません。退職はどんな途方も無い夢をも超越する栄えあることですし、あなた方になんら負担を強いず、地球上の時刻がどのような時を示していて も今から始まることなのです。これは生涯からの引退ではなく、死でもありません。あなた方は今、星への壮大な旅の境目にいるのです。

なた方の兄弟、姉妹たちが頭上で待っています。晴れた夜に空を見上げてください。挨拶を彼らに送ってください。そうすれば、彼らのものだとあなた方には思 われ、間もなくあなた方と一緒になり、あなた方の間を歩き回り、あなた方を抱擁し、あなた方と共に祝賀の歌を歌うことを示し、彼らの喜びをも示す、宇宙船 の色つきの照明を点滅させてくれるでしょう。あなた方を向上させ、限りない愛と光をあなた方に教える宇宙エネルギーを伝送するグリッド線に沿って数千の宇 宙船が滞在しています。

Read More


COBRA on ET FIRST CONTACT RADIO

Solstice

Imagem intercalada 1

JAIL THE BANKERS

Messages from Three Beings of Light